×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME(犬種図鑑) > ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーに関する犬種データ(グループ、分類、歴史、性格、気質、特徴、容姿、大きさ、体重など)とYouTubeの犬の動画、素敵な犬ブログをご紹介しています。

ゴールデン・レトリーバー

 >か行
 >GHI
 >大型犬
ゴールデン・レトリーバー 犬図鑑イメージ画像
【別称、愛称】
イエロー・レトリーバー
ロシアン・レトリーバー

【犬種名】
ゴールデン・レトリーバー
Golden Retriever

【分類】
大きさによる分類:大型犬
AKC:スポーティング・グループ
JKC:8G 7G以外の鳥猟犬
FCI :8グループ (No.111 )

【データ】
原産国:イギリス
誕生年代:1800年代
原種作出用途: 鳥猟の回収

【体の大きさ】
体高(cm):♂56-61 ♀51-57
体重(kg):♂29-34 ♀25-29



ゴールデン・レトリーバーの動画検索


Loading...

ゴールデン・レトリーバーについて(特徴、性格、歴史など)

みるからに優しそうな、ゴールデン・レトリーバーは従順で賢く作業能力に長けていて、友好的でさみしがりや。室内で家族と共にゆっくりすごせる犬種で、最良の伴侶犬と言えるでしょう。

19世紀にスコットランドの愛犬家であるトゥイードマス卿が黄毛のウェービーコーテッド・レトリーバーとセッターの交配させたものが、ゴールデン・レトリーバーのルーツと言われていて、ニューファンド・ランドの血も加えられたとの説もあります。
1920年までは、ゴールデン・フラット・レトリーバーともよばれていたのが、以後、ゴールデン・レトリーバーに統一されました。 ルーツについては不明な点も多く、ロシアのサーカス犬から発展したという説もありますが、上記の方が有力です。

レトリーブは回収という意味で、水辺で獲物を回収するのが仕事であり被毛は脂分を含み水をはじくようになっています。19世紀にスコットランドの愛犬家であるトゥイードマス卿が黄毛のウェービーコーテッド・レトリーバーとセッターの交配させたものが、ゴールデン・レトリーバーのルーツと言われていて、ニューファンド・ランドの血も加えられたとの説もあります。
1920年までは、ゴールデン・フラット・レトリーバーともよばれていたのが、以後、ゴールデン・レトリーバーに統一されました。 ルーツについては不明な点も多く、ロシアのサーカス犬から発展したという説もありますが、上記の方が有力です。


素敵なブログ仲間

ゴールデン・レトリーバー関係の素敵なブログを運営しているブロガーさんたちをご紹介しています。


クールのphoto日記

2代目クール(ゴールデン)のPhoto日記
お散歩、笑顔、悪戯、怪獣、金色の天使の毎日をご覧ください。]


ママドクターの『ワンだfull☆ライフ』

3頭のゴールデンレトリバー、マセラ、カイラ&チェリーと、やんちゃなミニピンのクロス。毎日にぎやかにやっています。


ルナ・ルナ・ルナ

北海道の四季の中 愛しいルナとの日常の記録


みるきーはママのあじ

みるきーとおっかあのおいしい生活


きなこもち

ゴールデン♀「きなこ」の生後44日からのすくすく成長日記☆


犬の情報と書籍