×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME(犬種図鑑) > ブービエ・デ・フランダース

ブービエ・デ・フランダースに関する犬種データ(グループ、分類、歴史、性格、気質、特徴、容姿、大きさ、体重など)とYouTubeの犬の動画、素敵な犬ブログをご紹介しています。

ブービエ・デ・フランダース

 >は行
 >ABC
 >大型犬

【別称、愛称】
ベルジアン・キャトル・ドッ

【犬種名】
ブービエ・デ・フランダース
Bouvier des Flandres

【分類】
大きさによる分類:大型犬
AKC:ハーディング・グループ
JKC:1G 牧羊犬・牧畜犬
FCI :1グループ (No.191 )

【データ】
原産国:ベルギー
誕生年代:1600年代
原種作出用途: 牛の牧畜

【体の大きさ】
体高(cm):♂62-68 ♀59-56
体重(kg):♂35-40 ♀27-35



ブービエ・デ・フランダースの動画検索


Loading...

ブービエ・デ・フランダースについて(特徴、性格、歴史など)

「フランダースの犬」のパトラッシュは、原作の物語ではブービエ・デ・フランダースがモデルです。

ブービエ・デ・フランダースは、ベルギーのフランドル地方の牧羊犬で、グリフォンの血をひく牽引犬です。 第一次世界大戦の頃、フランドル地方が戦場となり、伝言を運んだり活躍したと言われていますが、戦争が原因で絶滅の危機がありました。
ウィーダの「フランダースの犬」のパトラッシュで世界的に有名です。 アニメやに登場するパトラッシュがブービェ・デ・フランダースの外貌とあまりにも違いますが実際のお話では、ボサボサした印象の暗色の被毛に口ひげ、顎鬚のある容姿をしています。
ブービエ・デ・フランダースがアメリカに渡ったのは20世紀になってからで、映画撮影の為に連れて行ったといわれています。 スタンダードは原産国が2ヶ国にまたがっていたため、確定しにくかったようですが、現在は統一されています。

容姿は厚みのある体格で、長いモサモサの被毛が特徴です。 厳格な顎ひげと口ひげが印象的で、優しい性格なのにいかつそうな外観をしています。 本来、たれ耳ですが断耳、断尾する習慣があります。但しイギリスでは断耳しません。


素敵なブログ仲間

ブービエ・デ・フランダース関係の素敵なブログを運営しているブロガーさんたちをご紹介しています。

ブログ
*

_

ブログ
*

_

ブログ
*

_


犬の情報と書籍